マチネ 2019を終えて



今年も無事に門下のコンサート「matinee 2019」を終えることができました。


そこは昨年同様、ひっそりとした地下に降りていくと素敵な空間が広がる「松明堂音楽ホール」。「音」に耳を傾け、味わうにはちょうど良い広さ。小ぶりのベヒシュタインも総アグラフタイプのもので、絹の様な繊細な音色の糸が埋もれることなく空間の隅々まで行き渡ります。プログラムもバラエティに富んだもので4部構成。ソロだけでなく室内楽、バロックから現代曲まで。本当にたくさんのお客様にお越しいただき、熱気あふれる会場となりました。


4時間にわたるコンサート…それは「素晴らしかった」の一言に尽きます。


一つの作品に向かい続けること。そこには数多くの乗り越えるべき壁があり、そしてその道のりにはたくさんの学びが溢れています。


壁を乗り越えようとするのも、道中にある学びに価値を認めるのも、最終的には自分で決めること。ピアノをするのもしないのも。どう弾きたいか、ということも。


苦しいこともあるでしょう。


しかし生徒たちは全員それを「自分で決断」し乗り越えてきました。


客席ではなく、舞台袖で聴く生徒たちの音楽に「それぞれの決意」を思い出しては一人グッとこらえるものを胸に潜めサポートに徹しました。


一体どのくらいの音色がホールを舞ったのだろう?


色鮮やかに空間を彩り、踊る音、歌う音、そして静寂。


そこには「それぞれの音楽」がありました。


そんな生徒たちを誇りに思います。今回の発表会に出れなかった人も、是非来年は自身の音楽世界を披露していただきたいです。


生徒たち、お客様、そして調律師のNさんはじめ全ての関係者に心から感謝申し上げます。


il Sole Y×S Crossing#3

コンサートを拝聴。


「響き」で僕をあんなにも壮大な世界に連れて行ってくれるとは。


素晴らしかった。


僕らに想像する楽しさを与えてくれる。


音楽を生で楽しむことは決して受け身だけではないことを気づかせてくれる。


「なんだこれは?」から始まる現代音楽は聞き手を二つに分ける。


その魅力を「探ろうとする人」と「探らない人」。


音楽は決まった楽しみ方、味わい方が在るわけではない。しかし「音楽は楽しませてくれるもの」だけではなく「楽しもう」という気持ち、心構えを持つだけで一気にその想像世界が膨らみ「楽しむ」ことができる。


これはね現代音楽だろうがベートーヴェンだろうがバッハだろうが同じこと。


音楽だけでなく様々な現代アート作品がこちら側に強く「何か」を投げかけていることを感じる。


「これはなんだろう?」


「僕の心は何を感じているんだろう?」


音楽を聴く(アートに触れる)ということは同時に自分を見つめていること、なのかもしれない。


--

39年の再会

39年ぶりに友人と再会。


一つ一つの言葉が39年間を満たし空間を繋げていく感覚には、不思議な温もりと心地よさがありました。


沖縄で素敵なカフェを経営している彼女。


次はそこで会えるかな…


--

大学院室内楽特別演習前期成果発表を終えて


「終わってほしくない…」


クラリネット、チェロ 、ピアノが同時に奏でる最後の音に思う素直な気持ち。ここが大学であること、成果発表という講義の一環であること、それらを忘れさせてくれた素晴らしい演奏でした。


今回担当した2組の室内楽。1つはメンデルスゾーン作曲「2本のクラリネットとピアノのための2つの小協奏曲 第2番 作品114」、そしてブラームス作曲「クラリネットトリオ  作品144」。


メンデルスゾーンは3人とも中国からの学生。若々しく情熱的な演奏。レッスンでは中国語を教えてもらいながらも、英語や日本語を織り交ぜアイデアを交わし、困難を協力しながら乗り越え、音楽創りに没頭する日々。そんな彼らの演奏を聴くと胸に来るものがあります。

ブラームスでは、チェロに名誉教授である菅野博文先生がご参加くださり、レッスンをする立場でありつつも菅野先生からも多くを学ばせていただきました。


決して諦めない姿勢で音楽と正面から対峙し続けた学生たち。彼らからも多くの気づきや学びを共有し、輝くようなレッスンの連続に感謝の言葉がありません。


作品を前に、もはやレッスンとかではなく、それは音楽を追求する「仲間」と言えるのでしょう。


※レッスンではなく僕も奏者として参加したくなってくるよ。

奇跡的再会


こんなことってあるんだろうか⁈


以前、スイス在住ヴィオラ奏者の園ちゃん( Sonoko Asabuki )と赤坂駅の雑踏の中すれ違ったのに続き…


フランクフルトに拠点を置き、ヨーロッパや日本で大活躍のヴァイオリン奏者「のぶ」こと山口伸子と小田急多摩線3両目でばったり。


70億人いる世界でこの瞬間、この場所で…親友との奇跡的再会。


あまりの嬉しさにハグをしたら離れなくなりそうでした。


あまりの嬉しさに電車一本遅らせました。 

広島と音楽

苦しいこと、困惑すること、ワクワクすること、感動すること…たくさんの気持ちや表情に溢れる広島。

たったの二日間とは思えないほどのドラマがいつもあります。それは両者の強い思いから生まれてくるものなのでしょう。一つの輝ける奇跡の瞬間とも言える「レッスン」という時間。

才能…それもあるかもしれないけど、薄皮一枚一枚を重ねていくように「諦めぬ」努力の継続によってのみ培われるテクニック、表現。普段ご指導されてる先生に敬服し、受講生たちに感動を覚えます。

皆さま、本当にありがとうございました!

さよなら広島、再会できることを祈りつつ…


--

りゆうがあります

長女がケラケラと笑いながら読んでいた本。図書館から借りてきたらしい。タイトルは「りゆうがあります」。


理由かぁ…


…今日レッスンで生徒が素晴らしい室内楽を聴かせてくれた。とてもシンプルな作品。ピアノは音数が少なく決まった音形で進んでいく。


色んなことを考え選曲した小さな作品。シンプルな作品。


けどね、そこに深い室内楽の感覚があるんだよね。弾くのは簡単かもしれない。けど室内楽はその尺度で難しさを測れない。


弾きごたえだけではなく「感じごたえ」がある室内楽という世界。突き詰めればソロも同じなんだけど。複数の人で創る音楽の喜びは格別で、ソロの世界とはまた違う、それは似て非になる感覚。


生徒の音楽から「声」が聞こえ、それはまるで共演者に、その場にいる人みんなに話しかけているようでした。


結局は「急がば回れ」というか、何かを学びたければ必ず歩むべきものが存在する。避けることはできないシンプルな作品。その中にどれだけのものが在るのか?それを知らなければ(感じなければ)複雑な曲なんて到底掘り下げることはできないよ。


どんな作品にも敬意と愛を。


今は亡き僕の恩師たちが教えてくれた大切な感覚。それを改めて感じさせてくれた今日の生徒の演奏。弾き終えた後の喜びに満ちた表情がずっと残っています。


音楽って素晴らしい。