エジプト旅行記第7話「食、再会、音楽」

Y多さんが連れて行ってくれたところがまた粋なところで、地元ではちょっとした有名なところだった。中は薄暗く細かな装飾に溢れちょっとした洞窟の様だった。アラビア語で熱く歌われているBGMが流れていた。Y多さん曰く、この歌手はとても有名でエジプトの美空ひばりのような方、とのこと。「むむむ、なるほど」と思いつつも店内のアラビアンナイトを髣髴させる異国感たっぷりの雰囲気に圧倒されて言葉が出ない。ただただ興奮。

そこではモロヘイヤスープとライス、そして鳥のモモ肉を焼いたものを注文した。トッピングにはサルサソースっぽいのとオニオンチップ、ドリンクはイチゴのジュース。イチゴはこの時期エジプトでは旬なのだ。食べてみて一言「美味い。」僕は世界で最も美味い食事が日本食だと思っていて、2番目にイタリアンが来る。(あくまでも個人的な感想です)エジプト料理は・・・まさにイタリアンと張るくらい美味い。正直驚いた。

エジプトは農業大国らしい。知っている人が聞けば当たり前のことだが、帰国後会う知人全員にエジプト滞在の話をする際「実はね、エジプトはね、農業大国なんだって」と話すと100%驚かれた。それほどイメージがないのだ。Google Earthで見てみると、なるほど、エジプト北部ナイル川河口にあるデルタ地帯は熱帯雨林の様に深い緑色をしている。また米どころでもあるらしく、品種はなんとジャポニカ米。美味いわけだ。いずれにしても食事が充実しているという事に安心した。「食」は滞在において最も重要なことだからだ。

そんな楽しい昼食を終え次に向かったのが友人宅。カイロ交響楽団首席クラリネット奏者の韓国人ヨンギ君。彼とその奥さんのヒージョンさんは僕らがまだドイツのフライブルグ音大にいた時の同級生。4人でよく遊んでいた。今はそれぞれ子供がいて(ヨンギ君の所は男の子。うちの娘と同い年です)、カイロで再会している。不思議な感じがした。

僕が1人で午前中から練習していた時、奥さんは先にヨンギ宅へ行っていた。今回は僕だけでなく、うちの奥さんもヨンギとヒージョンと共演するのでそのリハーサルもしなくてはならない。両家子供がいるから目を離す事が出来ない。ヨンギ宅でリハーサルをするのはベストなのだ。

Kiyo_Yong-ki.jpg

再会を喜び早速リハーサル。学生時代を思い出す。ガーシュイン、ドビュッシー、プーランク、メンデルスゾーン、シュライナー、エルガー、マンガーニ・・・盛りだくさんのプログラム。余った時間で適当に楽譜を見つけては室内楽を楽しんだ。

ヨンギの音楽は何も変わっていない。熱すぎるくらいに熱く一音に魂を込めて演奏する。お互い一生懸命に演奏し、そこには30代の僕らにしか出来ない30代の音楽があった。お互いドイツを去ってからいろんな事があったが、それでも自分を失わず自己の音楽を追求し続けている彼の姿勢が嬉しかった。時には音楽をする喜びを、時にはある種の葛藤を彼の音楽から感じた。

その日の夜、リハーサルを終えた僕らは思い出話に花が咲き、幸せで温かい一時となった。それはまるで小さな灯火がカイロの街に燈ったかような感覚だった。

その時マエストロが到着にホテルに向かっていた。明日、チャイコフスキーピアノコンチェルトのリハーサルが始まる。ホテルへ戻りベッドに入った時、僕の手は少しだけ汗を握っていた。

0 件のコメント:

コメントを投稿