仕事の環境



大学のレッスン室にCDと本などの資料を置けたらいいなとつくづく思う。録音とか本などの資料の話題は必ず出るし、何よりも勉強になる。その場で「あーだこーだ」ディスカッションする事がいかに大切なことか。

個人的なことだけど電気ケトルも置きたい。コーヒーなり紅茶なり飲めるとなお嬉しい。レッスンは沢山動くし話しまくる。飲み物くらい飲みたいですよ。

留学中の心温まるエピソードと言えば、レッスン中先生が話しながら紅茶をいれ、淡々と音楽の話をし、静かに流れるあの時間が良かった。レッスン自体の雰囲気も良くなるし集中力も増す。

心地よい空間で音楽を感じたい。これは決して贅沢ではない。

日本で生活していると未だに「我慢は良」「快適は悪」的な空気があるのがとても嫌だ。出来る範囲で快適な空間を作ればいいのにと強く思う。快適な空間、ユーモアに溢れた空間、想像力を刺激する空間、ここに居たいと思う空間・・・そういうところがいい。

話が少しずれてしまったが・・・。

勿論、大学には図書館もあるし自販機もある。しかし、実際レッスンをしていると余程の事が無い限りそういうところに行ける時間が全く無い。という事で明日の朝は美味しく珈琲が淹れられますように・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿