即興について

僕は以前、即興が大の苦手だった。だからと言って今が得意であると言うわけではない。が、楽しむ事は出来る。

その「即興を楽めるようになる」チャンスを与えてくれたのは、僕が桐朋学園に在籍していた頃、府中のアパートの隣に住んでいた1人の先輩のおかげだ。

当時「即興でオンガクを」と言う名のラジオ番組をプライベートで作成していた。司会者、演奏者、お題を出すゲストがいる。

司会者が番組をスタートさせる。「こんにちは、即興でオンガクを、の時間がやって参りました…」そして演奏者とゲストを紹介。ゲストは即興のお題をを出す。「今回のお題は…獣に追われ必死に逃げ惑う(桐朋学園の)◯◯先生」

演奏者は徐にピアノの前に座り"それ"を即興で表現する。

雰囲気は仰々しいが、言っている事がふざけていて、しかもそれを真面目に言うのだから笑ってしまう。しかし笑ってはいけない。堪えなければならない。なぜならこの「即興でオンガクを」は録音されているからだ。しかもDATで。

初めてのそれに誘われて参加した時は何も演奏できなかった。1音も鍵盤を押す事が出来なかった。あの時の感覚を今でも鮮明に思い出す事ができる。

しかし、ユーモアをもって先輩が背中をゆっくり押してくれた事もあり、何となく出来るようになって来た。笑ってもらえた時は凄く嬉しかった。

「恥」が全てを頑なに強張らせ拒否させてたんだと思う。「出来なくてはならない」「音楽理論」「間違ってはならない」「認めてもらわなければならない」等、あらゆるしがらみが想像力を深い谷底へと押し込んでいた。

…結局、1音でも即興は即興である。何かを表現していればそれは充分に即興されている。「何も表現していない」事を表現していてもそれは立派な即興。

もちろんいろんな即興があるが、例えばベートーヴェンっぽいとか、ジャズっぽいとか…。しかしそれだけではない。即興とはすなわち自己を開放させる事にあるのだ。そして対人に、もしくは空間にコミュニケートする。その瞬間即興は生き生きし最高に楽しくなる。最高に笑えて最高にシリアスになれる。それらを誰が否定出来る?

そして即興とは即興演奏だけに必要ではなく、普段僕なんかがしているいわゆる「クラシック演奏」にも大きな影響がある。それは「即興演奏」ではなく「即興的」であるという観点だ。

以前ドイツでベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番を演奏した時に、後日新聞にレビューが載った。そこには「…即興的芸術性豊かな…(省略)」とあった。

即興とはその瞬間にしか生まれないものであり、要するに「今」そのものだ。そしてそれはその瞬間に命を与える温かい血液となって音楽、または音楽空間に生をもたらす。即興的と言うのは「生きた音楽」であると僕は断言したい。

モーツァルトを弾く時だってベートーヴェンだってどれも同じ事だ。ブラームス、リスト、ラヴェル…時を遡ったらバッハだってスカルラッティだってそうだ。時にはそのまま即興演奏される事も多々あるが、どの時代のどの音楽も「生きて」いなければならない。音楽とはまさに生を実感出来るものでもある。

即興で遊ぶ事がいかに自己の開放や音楽性に影響するか…。

そんな事を思う今日この頃である。僕は毎朝ピアノに向かう時「さて…今日の僕の手はどんな風に鍵盤を歩くのだろうか」とワクワクしている。時にはいい感じだし、時にはダメな感じ、時には変な感じだ。だから即興は面白い。

0 件のコメント:

コメントを投稿