コンサート in 札幌

コンサート、残念ながら終わってしまった。

広島交響楽団のチェロ奏者として活躍し、積極的に室内楽にも取り組んでいる熊澤雅樹君。

彼との音楽創りがあまりにも素敵な時間だった。だから終わった事が残念…そういうことだ。

今回はいつにも増してチャレンジングなプログラムだったのでスリル満点だった。しかしその分充実感が半端じゃない。

自分に課していくことというのはとても難しいことだと思う。しかし熊澤君はそれをずっと続けている。プレッシャーと闘い続けている。

しかし全ての根源は「飢え」にある。

彼は飢えているのだ。魂を削り音に命を吹き込む。彼のチェロからそれが聴こえる。

ラフマニノフ、ベートーヴェン、ブラームス、と隙のない密な音楽が極限の集中力を要求し、演奏家を出口のない魅惑の迷路に誘い込む、そんな感じがした。

またこれらの作品を掘り下げ追求し演奏したい、そう思った。

こんな機会を与えてくれた熊澤君始め各関係者そして聴きに来てくださった多くの皆様に深く感謝したい。

札幌の千歳空港で別れ際に「来年は広島でショパンとベートーヴェン5番をよろしく」と言われた。相変わらずチャレンジングだ!

数日ぶりに家族に会える。これもまた楽しみ。

0 件のコメント:

コメントを投稿