だからトークは苦手なんだって


おととい、神戸でのレクチャーコンサート。ユーロピアノ関西ショールームを閉じるということで光栄にも最後のイベントを務めさせて頂いた。

BechsteinA175を使用し「ポリフォニー」「カンタービレとは」「ハーモニーの色彩感」「ピアノの交響的表現」についてお話と演奏を。相変わらず僕はトークが下手だ。そんな僕でも使ってくれるユーロピアノさんに感謝。

色彩豊かに色んなピアノに溢れれば良いな、と心底思う。お客様も熱心に聴いてくれて、難しい質問も飛び交い最終的には「解りません。皆さんで考えて次回お会いする時に各々答えを披露し合いませんか」と答える始末。温かい雰囲気で楽しくレクチャー、ガッツリと演奏させて頂きました。皆様ありがとうございました!

写真はショールームの片隅に置いてあった1898年のBechstein。燭台が良い感じです。

0 件のコメント:

コメントを投稿