鴬谷狂詩曲

先日の話。

ピアニストの松本和将君と二人でラーメンでも食べに行こうと話していた昨年末。他も誘ってみようか?ってことでピアニストの高田匡隆君と菊地裕介君(普段はこんな丁寧な呼び方をしていないんだけど)にも声かけ。奇跡的に4人のスケジュールが合い、ようやく先日実現しました。場所は鴬谷。名付けて「焼肉男祭り」。お店は鴬谷園。めちゃくちゃ美味かったです。


17時から予約を入れてて、17時10分にはテンションのピークを迎え、17時30分には焼肉14人前を平らげるという・・・。食べて飲んで話して食べて飲んで話しての、普段ピアノによって鍛えられた反復練習がこんな場面でも活かされていました。


下品なプライベートな話で盛り上がると思いきや、終始音楽教育の話、現状、問題点、目標、夢を語らい、ヨーロッパの食文化の話も盛り上がり、それはそれは怒涛に過ぎる楽しく有意義な時間でした。で、時計を見るとまだ17時40分。だから速いって、テンポが。


高田「イタリア料理は素材なんだよ」
菊地「フランス料理は技術だね」
松本&末永「ドイツ料理は・・・」

完敗。


その後、近くにある元三島神社にお参りに。「お願いします!」とよくわからんが取りあえず全員で二礼二拍一礼と手を合わせる。「楽しいねぇ!次プリクラ撮ろうよぉ!」と女子高生に負けじと頑張る30代半ばのおじさん達。「カラオケぇ?ラーメン?それともまだ飲むぅ?」少しずつ全員の化けの皮が剥がれ始め、結局西日暮里駅前にある小さいけどクォリティの高い日本酒のお店へ大移動。二次会開始です。



「・・・結局ね!大切なのはテンポなんだよ!とにかくテンポをキープすること!」
「そうだそうだ!」

と、そんな話をしつつもじゃんじゃん日本酒を飲みまくりテンポキープ出来ないボクら。本番、緊張、暗譜などの話題が出るもそんな話はすぐに終わり、どんどん下世話なネタに移り本領発揮。飲み会ってそんなもんです。いや、真剣な話題もちょこちょこしましたよ!


途中オーケストラのリハーサルを終えたヴァイオリニストの上里はな子ちゃんも合流。その時既に僕らは結構なアルコールを摂取してました。場所を変えて三次会開始。

もうここまで来ると誰が何を話しているのかなんて関係なく、各々が話したいことを話したい時に話す、よく解らないけど相槌をしてうなずく、そんな感じです。途中そこの大将がロシアンルーレットたこ焼きを作ってくれて、二つだけ激辛たこ焼きがあるその二つを高田君と菊地君が見事に当てました。もってるね、キミタチ。

最後はほぼ絶叫しながら話して笑ってという外から見ると恐ろしい地獄絵図だったと思います。終わったのは夜の0時を回ったところ。17時から開始した飲み会も7時間ぶっ通し。その間、一瞬の沈黙もなく怒涛に話して笑って最高の新年会となりました。裸になって語りまくるこんな状況も普段あまりありません。みんないい顔してるんだよね。


ここまで書いといてあれなんだけど、結局みんな音楽が好きで好きでたまらなく、何かを伝えたくて、問題に直面して苦悩しながら日々を過ごし、大きな目標と夢に向かってがむしゃらに生きている、そんな気持ちが全員から溢れてました。ってあまり説得力ないか・・・。

今年も頑張るぞ!

おわり


0 件のコメント:

コメントを投稿