brainstorming and more...

白熱する議論@PTNA本部

4/7(月)の話。

PTNA(全日本ピアノ指導者協会)の専務理事である福田さんを始め、プロデューサー、大学経営者、俳優、公認会計士、そして僕の計6名で5時間にわたるブレーンストーミングを行った。あまりの話題の多さにこれでも時間が足りなかった。「談論風発」とはまさにこういう事を言うのだと改めて実感。

出されたテーマは数が多過ぎるので割愛するが、その中でも特に印象的だったのは、①一般企業とアート産業にはまだまだ構築すべき関係性の余地が十分にある、②芸術の世界でも、互いに更なる交流を深め既存にとらわれない形で教育に貢献できるのでは、③業種や立場が違えど、とてもフラットな関係で熱く話しあい、そこにいるみんなが目をキラキラさせ「いい顔」をしていた、という事。

このような場はある程度時間を置き、もう一度してみたいと思う。「学び」と「気づき」に溢れ、そして有意義で刺激的な5時間だった。

皆と別れた後、池袋でユーロピアノ㈱の戸塚社長と会う。 来月、KEK(高エネルギー加速器研究機構)の小林ホールでイベントがありその打ち合わせ。KEKと言えばノーベル物理学賞の小林誠先生が活躍されているところだ。

「ピタゴラスに始まるピアノ発達の歴史とピアノ調律の魔法」がテーマ。戸塚社長と加藤副社長(ピアノ製造マイスター)と僕でレクチャーあり演奏ありの充実した時間を作る予定。難しい言葉ではなく、「興味」や「わくわく感」を感じさせる面白い時間にしたい。とにかくこの日は口が疲れた。

0 件のコメント:

コメントを投稿