アートの感性を出発点として

ライフネット生命社長の出口さんと
汐留ベヒシュタインサロンにて
先日の「アート&ビジネス」イベント。異業種の方々とアートから喚起される様々なテーマで盛り上がりました。

アートに造詣が深いことでも有名なライフネット生命社長の出口さんのトークは解りやすく奥が深い、多くを気づかされた、との声をたくさん頂きました。

後半の語りや詩の朗読とピアノの即興コラボもシリアスでありながらもユーモアに富んで、そのドラマが皆様に、そして空間に色んな問題提起を投げかけた、と実感しています。僕も少しだけトーク。即興以外にシューマン、ブラームスも演奏。後に出口さんから直接Twitterで感謝のメッセージを頂き恐縮…!

異業種交流会なるものは星の数ほどありますが、アートの感性を出発点とした異業種交流は少ないかもしれません。「共感共有」の輪が"少しずつ"広がることを願っています。クラシックの世界にも必ず良い影響を生むと確信しています。

写真は、大半が帰ってしまって全員ではないですが、残ってた方々と撮ったものです。出口さんの内から溢れる生命力のようなものを強く感じました。

会場を提供してくれたユーロピアノを始め全ての関係者に深く感謝します。皆様ありがとうございました!

0 件のコメント:

コメントを投稿