ピアノ工房トークコンサート 音色ミニコラムvo.2 【工房トークコンサートに向けての検証その2】

  • ピアノ工房トークコンサートとは
4人のメンバーがピアノ工房で行う、日本ではここだけでしか体験する事のできない個性溢れるレクチャーコンサート。実は裏で色んな検証がされているこの工房コンサートシリーズ。クラシック音楽は想像以上に面白い、というそこら中で目にする言葉ですが、その通り。想像以上に面白いんです。日本ではここでしか体感する事の出来ない個性溢れる、万人のためのレクチャーコンサートを是非体験して下さい!笑いあり、涙ありの2時間。ルールの中にでも音楽は自由に生きるからこそあらゆる固定概念に鋭く切り込みます。全てはコペルニクス的発想の転換から始まる本気の企画です!
 
  • Facebookページからの発信
Facebookページ「ピアノ工房トークコンサート」で末永もメンバーの一員として執筆しているコラムを、Facebookのアカウントをお持ちでない方々のためにこちらに転載します。アカウントをお持ちの方は是非「ピアノ工房トークコンサート」への「いいね!」お願い致します。
 
 
熱い議論
 
音色ミニコラムVol.2 【工房トークコンサートに向けての検証その2】

皆さんこんばんは!今日も暑かったですね。そんな中、ユーロピアノ八王子ピアノ工房の2階ではさらに暑い検証が行われていました。

モダンピアノのBechstein M(ca.1950)とフォルテピアノのnach Anton Walter(18世紀レプリカ)を使用し、前者をバッハの調律法で、後者をミーントーンで準備しました。ミーントーンとは、現在私達が一番聴き慣れている平均律ではなく、不等分律(平均ではないの...で色んなところで音程の歪みが発生する。しかし純正律が存在するので天国的な透明感も同時に存在する)の一つで、ルネサンスの時のものですが、モーツァルトが好んで使用していたと言われている調律法の一つです。

全てはここで記せないので割愛しますが、とにかく驚きの連続で、ある種のカルチャーショックさえ覚えます。紀元前のピタゴラスが純正律では解決できない音程のずれを発見してから、試行錯誤して平均律に辿り着くまで約2000年という時が流れます。(個人的にはそこにロマンを感じてしまいます)

様々な作品をみんなで比較演奏し検証を進めて行くと、歴史の大河から生まれた作品は、あらゆる要素との依存関係にある事を知ります。その要素の一つが「調律法」です。要するに当時の調律法から作品を覗く事によって見えてくる新しい響き、表現等が今の我々にとっては新鮮で「目から鱗」なのです。

それらを知るのと知らないとは大きな違いが生まれます。平均律に調律されたモダンピアノを使っていても表現のさらなる可能性を追求したくなり、むしろ追求すべきだと確信するのです。具体例を挙げてみましょう。

モーツァルトのピアノとヴァイオリンのためのソナタは全て調号3つ以内までの調で書かれています。もちろん作品中転調したり、楽章が変わるとその限りではありませんが。その曲集の中でも唯一Moll(短調)で書かれているソナタ第28番E-Moll(ホ短調)。全体を通しとても悲しい雰囲気に満ちていますが、2楽章の途中E-Moll(ホ短調)からE-Dur(ホ長調)へと、悲しい響きから明るい響きに変わるところがあります。

まるで優しく歌う讃美歌の様な天国的な雰囲気なのですが、実際に僕はそこをまるで教会に差し込む光からの誘いを受けているような、神聖な、崇高な気持ちで演奏し、そう表現していました。時には、母親の温もりのような愛に包まれる響きも感じたりしました。

しかしミーントーンは調号4つ以上になると音程の歪みが目立ち、不安定さを生み出させます。E-Dur(ホ長調)は#(シャープ)4つなのです。そう、そこの部分は音程の歪みが目立ち、落ち着かず、優しく歌う讃美歌の雰囲気からは非常に遠いのです。ミーントーンを好んでいたモーツァルト。検証は続きます。

「そこのE-Durをどう理解するのか?」これは大きなテーマです。なぜならもし崇高なイメージであれば、純正律の様なクリアな響きを考慮するのではないかと想像するからです。でも実際はそうではない。クリアな響きからは少し離れている。なぜモーツァルトはこの歪みを存在させたのだろう?なぜこの調を選んだのだろう?楽譜とはまるで作曲家が残した手紙の様でもあり、私達はその楽譜から作曲者のメッセージみたいなものを読みとらねばなりません。そして見えてきたものと自分とを対峙させることにより深い音楽が生まれます。そして、あーだこーだ議論が白熱した時「そう言えばドイツにいた時、よくレッスンで先生がこんなことを言っていたっけ」と話題は移りました。「Dur(長調)で明るい場所だけどそこはSchmerz(ドイツ語:痛み)を感じて」と。長調で明るいのになぜ「痛み」なのだろう?と当時は思ったものですが・・・

結果から言うと、そこのE-Durは痛みを伴ったDurなのです。この作品は母親が亡くなった時期に作曲されました。「親を亡くした心の傷は癒えていない、癒えるはずがない、癒されたいと思う傷を負った心でもある」そんなDurを感じ始めます。そしてミーントーンで調律されたE-Durは歪みだけでなく、「くすみ」の様な暗い響きさえも帯びています。そうなると「痛みを伴うDurの響き」と言うのは深く理解することが出来ます。

さて、ここで終わってしまうとただの検証です。我々が工房トークコンサートで発信している事の一つに「音色における表現の幅」というテーマがあります。平均律で調律されたモダンピアノでの表現に、それらの体験が如何に加味しうるか、という事です。上記の様な体験をしているのとしていないのでは大きな違いがあります。練習でのアプローチの幅が一気に変わります。ミーントーンでの歪みやくすんだ響きをそこのDurで体験する事により、平均律のモダンピアノで更なる表現の幅を試みようとするのです。更なる対話を深め、表現が豊かになり、新しい音楽的な表情が顔を出し始めます。そこまでして初めてこの検証は意味を成します。そうするとモダンピアノでそこを演奏する時に、「Durになった、明るい、讃美歌の様だ」としか感じていなかった、それしか見えなかった僕も、そこに「痛さ」というエッセンスを加え、違った表現をしようとするのです。可能性の引き出しが一つ増えます。

どうですか?「こんな表現も有りでしょう?」と色んな可能性を信じたくなりませんか?私たちはなります。そして更なる問題は、このコラムはもはや「ミニコラム」ではなく論文に近くなり始めていることです。すみません、長くなりました。最後に、これらの体験をしたい方は是非、工房トークコンサートに来て頂きたいです。という宣伝も加えて終わりにしたいと思います。次のコンサートは4月です。あ、しつこいですね。おやすみなさい。

2013/8/12
末永匡

0 件のコメント:

コメントを投稿