バス停までの3分

僕の住む街には緑道という名の歩道がある。ニュータウンを囲むように作られた落ち着いた散歩道だ。「緑道」とある通り緑に溢れている。四季を感じさせ様々な植物を楽しむことができる。春から夏にかけてそのピークが訪れ、それはまるで緑のトンネルの様であり、行き交う人々は謙虚に顔を覗かせる木漏れ日に心踊らされる。秋から冬にかけ次第に葉が散り、世界に沈黙が訪れると同じようにこの道にも静けさがそっと舞い降りる。

僕は今日もこの緑道を通ってバス停に向かう。


…なんて事を書いてたら電車で座れました。嬉しいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿