花と森とコンサートの打ち合わせと家族と。

コンサート打ち合わせのため清里へ。

その前に、毎年楽しみにしている山梨は塩山にある放光寺(花の寺放光寺という名も)へお墓参りついでに「溢れんばかりに咲き誇る花」も見に立ち寄りました。近くでは恵林寺でお祭りがありますが、放光寺は人がちらほらしかいなく、静かでとても心地よい。と言う事で写真たくさん載せます。

放光寺

空と桜のコントラストが印象的です。

鐘つき堂も花や木々とマッチしてます。

長女ものびのびしてます。

圏央道~中央道を経てからの休憩です。境内でゆっくり過ごしました。

縁結びとしても有名な放光寺。

こういう水路を見ると山梨を思い出します。

雪の様な桜。見事の一言。
別名「花の寺放光寺」


お墓参り、祖母への挨拶も終え清里へ。目指すは清里の森の中にある「自然の森山荘」。5月にそちらでコンサートがあるので、下見と打ち合わせを。
自然の森山荘。HPより拝借。
到着時は夕方だったので近くの温泉に入った後すぐに夕食。
手作り燻製チーズ。
もはや打ち合わせどころではありません。
ベーコンやらタケノコやらトマトやらシイタケやら、って見ればわかるんだけど。
リビングにある暖炉で目の前で焼きます。
朝、リビングに聴こえる薪の焼ける音が部屋を温めます。

バルコニーから朝日を眺めて。静寂。

約100年ほど前の古いアップライトピアノ。
少し乾燥した空気に木の温もりの音が響く朝です。
朝食後森へ散歩に。敷地面積は7000坪ほど。子供たちも大喜びです。

森の中には川も流れています。
近くの池では十数年ぶりにカエルの卵を見ました。

アーチェリー場として活用されている広場です。

次女も興奮隠しきれず。まだ雪も残っています。

長女の最近の趣味「松ぼっくり集め」です。

山荘のご家族の子供たちともすっかり仲良くなりました。
みんなうちの子供たちより年上なので優しく面倒を見てくれます。
特に長女はお姉さんが好きなようです。

手作りブランコ。

近くの牧場。
たくさん写真を載せましたが、勿論ちゃんと打ち合わせ、楽器試弾等やりましたよ!コンサートのタイトルは「末永匡と語るピアノコンサート」。暖炉で温まったリビングに身を寄せ合い、途中途中トークを挟みながら演奏します。こう言うところではやはりドイツ物は合いますね。

とにかく素敵な場所でした。心に残る時間とはこういうことを言うのでしょう。ありがとうございました!

「清里自然の森山荘」
http://www.shizennomorisansou.jp/


「何もない、だからこそ全てある、それが自然」なんて言葉が昔から残っていたような。えぇーっと誰だったっけ?僕でした。はい、おやすみなさい。

0 件のコメント:

コメントを投稿