この時間に得れるもの

今日の東工大では、各学生と連弾での即興で対話を楽しみ、その後「表現力と創造力、人生におけるそれらの必要性と影響」についてディスカッションを。彼らの積極的な発言に感謝。毎回彼らは多くの気づきを僕に与えてくれる。視野がグッと広がる感覚。

普段「音楽と社会」「音楽と人」をテーマに色々と思考を巡らせているが、気がつくと考え方や捉え方がパターン化されている。だからこそ「視野の広がる感覚」を得られるこの時間は個人的にも非常に貴重。しかもこの講義の後は音に対する感覚がさらに研ぎ澄まされる。(彼らには混乱を与えてるかもしれないが)

音大と東工大では脳の使い方が全く違うがある意味全体がフル回転しとても良いバランスである。けどいつも今日みたいな日の夜は頭が冴え過ぎて寝れないんだよね。本番後みたいに。

…折角ヴァイオリンを持って来てくれたM木君、結局使用することなく終わってしまい申し訳ない!!

0 件のコメント:

コメントを投稿