こういう語りの時間はとても大切にしたい




ピアニストの松本和将君と二人で語る。バッハ、ベートーヴェン、シューベルト、リスト、ショパン、シューマン、ラヴェル、ドビュッシー…音楽の話を静かにゆっくりと、深く味わいながら言葉を交わす。

真剣に言葉を辿りながら、自身の音楽観を相手に投げる。様々な疑問やアイデアが生まれ、それはそれは楽しいひっそりとした語り場。

「このままラジオにできるねぇ」なんていう冗談も。けれどいつ以来だろう?こんな感じで音楽を語り合ったのは。お酒がいつもより美味しく感じた夜です。

0 件のコメント:

コメントを投稿