音楽座談会、そしてカワイ

第4回音楽座談会終了。今回は参加者一人一人が深いテーマを投げかけて下さいました。自己紹介の段階から話が始まり「むむむ、今日は2時間で終わらなそうだ」と予感させる一幕も。けれど話したい事がまだある感じで解散するのがこの座談会の魅力。僕個人としては非常に有意義で多くの学びと気づきがありました。参加者皆さんにもそんな気持ちになって頂けたら、と願う今です。ありがとうございました。

その後、久しぶりにカワイ表参道へ。久しぶりにShigeru Kawaiとの対話を楽しみました。これまでに色んな年代とメーカーのピアノと関係を深めてきたけれど、様々なピアノと触れ合うことによって初めて知り得る魅力もあるものだなぁ、と納得の気づき。

海外に出て初めて知る日本の魅力、に似た感覚かもしれません。

ピアノという楽器がとても魅力的だからこそ、様々なメーカーと接せれるような日本の音楽環境の変化を改めて強く訴えたい、と思う今です。

これから東工大の学生達と杉並公会堂で東京現音計画のコンサートへ。

0 件のコメント:

コメントを投稿