FAZIOLI

久しぶりの投稿です。最近はほぼ毎日のように打ち合わせ、レッスン、リハーサル、練習でゆっくりとパソコンに向かう時間がとれませんでした。と言う事で3月7日に戻ります。

この日はライターの方に誘われ東京は田町にあるFAZIOLI(ファツィオリ:イタリアのピアノメーカー)のショールームを訪ねました。ピアノは触ってみなければわからない、正にそれを再認識した日でした。

【FAZIOLI】
ショールーム入口

FAZIOLIのショールーム。たくさん試弾させて頂きました。ワルシャワでのショパンコンクールに出てたもの、それから一歩変化した新しいタイプのもの、3mを超えペダルが4本あるものなど色んなファツィオリが。一言では表せない溢れる感動。指と心が躍りました。やはり実際に弾き、耳を澄ませ、楽器との対話を静かに深めなければ個々の魅力はわかりません。

社長のAlec Weilさん自らスクリャービンを演奏するなど盛り上がりを見せつつも、エスプレッソを飲みながら「ピアノの個性」「音楽教育」「現状」など様々な話題を真剣に話し合い、大変有意義で幸せなひと時となりました。
社長のワイルさんと

0 件のコメント:

コメントを投稿