【5/30】最後のリハーサル

頭をフル回転しての最後のリハーサル。19世紀末の構造を持つ1920年代のベヒシュタインピアノ(E)、もう1台は同じ年代だけれども現代の構造になっているベヒシュタインピアノ(L)を使用。ドビュッシーの響きに色んなニュアンスを加味してくれます。さらに、片方は平均律寄りの不等分律、もう1つは平均律。ソロ、2台ピアノの作品を演奏します。

音律、楽器学を軸に歴史を辿り、人間ドビュッシーに迫る第9回工房コンサート「音律シリーズVOL.4最終回スライドする美意識」今までで一番言葉にならない感覚的なレクチャー、明日31日の14:00〜超満員の中始まります。

0 件のコメント:

コメントを投稿