【8/17】ちちぶ国際音楽祭が始まる!

講師に配られる各書類
昨日16日は午前から始まったレッスンも気付けば夕方に。夕食をとったあと、荷物をまとめて秩父へ向かい午後9時にホテル到着。この時間の西武秩父線の下りってなんか雰囲気あっていいですね。景色を楽しめないのが残念ですが・・・。

ホテルのレストランで早速顔合わせと今後の説明。トルコやドイツからも来日していて、話してみるとなんとみんなベルリン芸大出身。英語が不安な中ドイツ語を話せてよかったです。

(18日は各国から講師が集まります。アメリカ、ドイツ、フランス、韓国、オーストリアなど)


日が変わり17日の今日。今日からレッスンやリハーサルが始まります。僕が担当するのは受講生(弦楽器)との共演と、ピアノ受講生に対するワンポイントアドヴァイス。要するに自分のリハーサル以外も、別の室内楽グループを見て回り、コミュニケーションのケア、通訳、アドヴァイスをします。

音楽監督の谷口さん(チェロ奏者)の作成したスケジュール表はあまりにも複雑で精密にできています。全員分のスケジュールを確認できるので、どこでだれが何をしているか一目瞭然。受講生たちのリハーサルを覗くのも楽しみですね。

秩父の天気はあいにく雨。しかし暑いよりはましかもしれません。

地域の様々なご家庭がボランティアとして参加してくださっている「ちちぶ国際音楽祭」。室内楽、ソロ、そして協奏曲までのチャンスが与えられる躍動感溢れる、まだまだ若いこの音楽祭も、地域、関係者が一丸となって受講生をサポートしています。そんな中に携わらせて頂けることに心から感謝しています。

さて、そろそろロビーで待ち合わせ。行ってきます!

0 件のコメント:

コメントを投稿