【8/19】音楽祭3日目

コンチェルトリハーサルの様子
この日からオーケストラメンバーも各地から、講師陣は各国から集まり音楽祭も3日目を迎え熱くなってきました。

受講生達によるコンチェルトのリハーサル。メンバーにはボストン交響楽団、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団、KBS交響楽団、そしてパリ音楽院、ボストン音楽院などの教授陣も一緒にいます。受講生達も中に入って弾いているので、大変貴重な経験になるでしょう。

音楽で繋がる輪を感じます。

ウィーンフィルのゲッツェル氏(ヴァイオリン)と
チェロアンサンブルコンサート後のパーティー。講師陣、受講生、スタッフの方々全員集まりました!こういう時間って本当に大切です。距離が一気に近くなる。明日からのリハーサル、コンサートが楽しみすぎ。ベートーヴェン、ブラームス、バーバー…あぁ、音楽って何て素晴らしいんだろうか。国境を越え感動を共感共有できる。音楽を聴いたり演奏したりすることで「生きているんだ」と命の脈動を実感します。

左からゲッツェル氏、マルモちゃん(チェロ)、パリ音楽院教授のミカラコス氏(ヴィオラ)
トルコのディリー(ヴィオラ)。横向いてるレヴィンソン

スタッフの方と、右は将来F1のチャンピオンを目指すレーサー、ショーン君。
通訳で入ってくれています。ちなみに彼はドイツの大会で優勝し
ています。
めっちゃ良い青年。

左からボストン音楽院教授のプラッチ氏(ヴァイオリン)、ドイツからマイス氏(ヴァイオリン)、
ボストン音楽
院教授のレヴィンソン氏(ピアノ)、同じくボストン音楽院教授のマーク氏(チェロ)

スタッフの方々と音楽監督の谷口さん(チェロ)

1 件のコメント:

  1. こんばんは。
    あの忙しいなかでブログ作成大変でしょう!!。

    受講生が参加した頃とレッスンを受けた後では成長の跡がはっきりわかります。


    大変な努力の成果でしょう、そのなかでもブログ作成お疲れ様です。

    プログラムも終盤、さらに頑張りましょう!!

    返信削除