恩師を思って

中島和彦先生

日本でずっとお世話になっていた恩師。音楽の道に進むことを決めた中学時代。その厳しさと覚悟を当時の僕に、変な期待を抱かせることなく、ありのままの言葉で現実を伝えてくれた。今は亡きその師を思う世代を超えた同門たちが各地から集い音楽を奏でる。音は時に言葉よりも多くを語る。今日のベートーヴェンは師に捧げたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿