楽器が見てきたもの

約100年前のピアノ。

もともと立教大学のチャペルに置かれ、その後個人宅に移動されたが、戦果を逃れるため大八車で防空壕に運び込まれた。

東京が爆撃される音を浴びながら、ひっそりと防空壕に潜んでいた。時に水や土を被りながらも。

時は経ち、今は清里の「自然の森山荘」に落ち着いている。今はリハーサルでこれからコンサートが始まる。

人それぞれに歴史があるように、楽器もそれぞれ歴史を背負っている。

様々な思いを胸に、今日の演奏がどうなるか個人的にも楽しみなところ。お客様と山荘での音楽的な時間を存分に味わいたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿