感謝

リサイタル終了しました。皆様のお陰で昨日と言う日を迎えられたことに心から感謝申し上げます。

普段から人前で話すことは正直極力避けたいと思って、今回は久しぶりにトーク無しで進めました。個人的にはトークがない方が心地よく音楽に没頭できます。アンコール前に少しだけ話しましたが…。

ベートーヴェンを弾いているとまるで鏡に映った自分を見ているような感覚になります。そこには孤独で今にも折れてしまいそうな弱弱しい自分が。暗譜のみならず人前で弾く事の怖さが年齢とともに大きくなる今日この頃。自己との闘い。振り落とされそうになりながらも必死に音楽にしがみつく小さな自分。

けれど、同時にそれは「生きている」ことを実感する瞬間でもあり、温かな血と命の力強さを感じるわけです。上手く言えないけれど。

来月に控えているベルリンのリサイタルに向け別のプログラムを構成してますが、もちろんベートーヴェンピアノソナタは持っていきます。熱情も。

普段から大変お世話になっている皆様とはFBやTwitterなどで繋がっているけれど、やはり直接会うっていいですね。とても嬉しかったです。

年末に向けて様々なコンサートが予定されているので、是非また気軽にお越しください。随時こちらでも告知させて頂きます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

末永匡

0 件のコメント:

コメントを投稿