シンポジウム



シンポジウム終了。建築家隈研吾氏の講演後、末永は入山功一氏(株式会社AMATI社長)、かとう知恵理氏(劇団鳥獣戯画座付作家・演出家)、西村昭治氏(早稲田大学学術院副学術院長)、平井清氏(所沢市文化振興事業団)の方々と一緒にパネリストとして登壇させて頂きました。

「ホールの在り方」を軸にしつつも、文化芸術、地域、社会、人間、教育など多岐なわたり「行政、市民」が一丸となって議論できたことはとても意義があることだと感じました。

全ての関係者に心から感謝申し上げます。

0 件のコメント:

コメントを投稿