今年もありがとうございました。


2016年もあと少し。今年も大変お世話になりました。

思い返せば本当に多くの場で演奏させて頂きました。そして演奏だけでなく、レクチャーや審査、レッスンなど教育の場にも多くの機会を頂戴しました。常にそこには「出会い」があり、その場で伝えきれなかった感謝を今なお心の中に抱いています。

ただただ深い音楽の森を探索する日々。それでもその先に在る一点の光に手を差し伸べる情熱は消えず、むしろ膨らむのです。

しかし音楽は一人で創られているのではなく、日々の暮らし、いわゆる人生そのものが音楽を創ります。人、時の流れ、文化、いわゆる社会全体が、そしてそこで沸き起こる全ての感情が僕に影響を与え、形成し、ピアノというフィルターを通し音楽となって奏でられる。エドウィン・フィッシャーの「芸術と人生」にある数々の言葉を思い出します。

本当に多くの方々に支えられ今があるかということを思うと、感謝の言葉が見つかりません。

静かな新年をお迎えになられますよう心からお祈り申し上げます。

末永匡

0 件のコメント:

コメントを投稿