聴く。

細かな技法を伝えることはもちろん大切。

しかし「自分の音をよく聴く」という心構えをなくしてはその技法も活かされない。

聴くことと弾くことがいかに連動しているか。

「本当に音を聴いているのか?」としつこいくらいに自問し音の表情や軌跡を辿ること。
--

0 件のコメント:

コメントを投稿