所属事務所

#羊と鋼の森 #音色のレクチャーとも言える #調律師と演奏者のやり取り


「音色のレクチャーとも言える…」


そう感じた昨日の打ち合わせ。


4月16日(月)10:30-12:30
日本ピアノ調律師協会・全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)共同企画
「音色の正体~聴くってどういうこと?~」
東京芸術劇場5Fシンフォニースペース


とても充実した内容に心躍ります♪


ピアニストと調律師の対談。この貴重な機会に、調律師の倉田さんには弾き手としての言葉を色々と突っ込んだ言葉を投げかけたいです。


日本ピアノ調律師協会と言えば、話題沸騰中の「羊と鋼の森」(宮下奈都著)が映画化され、そこで技術指導として関わられています。そうですよね、日本調律業界の中枢ですし。主演の山崎賢人さんは大ヒットドラマの「陸王」でもお馴染み。



音楽関係の方々はもちろん、音楽ファンの方々、羊と鋼の森ファンの方々…調律の世界や奏者のやり取りも含め、ご興味ある方はぜひお申し込みください。僕自身とても楽しみにしています。


ピアノの弾き手側は常にピアノという楽器について多くの疑問を持たれていると思います。ブラックボックスとも言えるピアノという楽器、その未曾有の世界に誰も「知ってる」とは言い切れないのです。弾き手も技術者も。


その両者がタッグを組み「音色」にフォーカスして追求していく。お互いのフィールドで培われた言葉を使って。


正直、今日の打ち合わせでは数々の言葉に胸が熱くなりました。イニシエの時代からコンニチまで脈々と受け継がれてきた「音」への圧倒的な情熱。そのDNAを引き継いでいる僕らが今いるわけです。そう考えるとなんか嬉しくなる。


当日はピティナの熱い会員の皆様、そして調律師の皆様が集まると思うと武者震いがします。もちろん「一般受付」もしているようなので「ご興味ある方はどなたでも」お申し込みください♪


当日は公開対談以外にも、倉田さんと末永の実演を交えた「演奏者と調律師のやりとり」も、また質疑応答で全員参加型の時間になる予定です♪


ここまで音色について「両サイド」から同時に追求するのは日本ではこれだけじゃないかな、と。必ず自身の演奏に結びつくはず!シリーズではなく、1回きりのものです。


「音色の正体〜聴くってどういうこと?〜」


早めのご予約を!!


お申込みや詳細はこちらから♪→全日本ピアノ指導者協会Webサイト

自主企画コンサート…はじめの一歩



5月12日(土)入間は仏子にある入間市文化創造アトリエアミーゴで5年ぶりの自主企画コンサートを行います。


10年前ドイツから帰国し右も左もわからなかった当時、まずは皆さんに演奏を聴いていもらおう、自分を知ってもらおうと企画した小さな小さなコンサート。


はじめの一歩として、ここからスタートしたんだと思うと感慨深いです。


デザインから受付、椅子並びはじめ全てを自分の手でおこなうこと。「初心」がつまった時間。一人のお客様が会場まで足を運んでくださる一つの奇跡を身を持って学びました。


初めの5年は続けていたのですが、のちの5年はスケジュール上断念せざる得ない年が続きました。


今だからこそ、このコンサートを再開し自分の足元を見ているか自問すること、これまでの経験を活かすと同時に、初心に戻る、そんな気持ちです。


タイトル「おとの鳥」は長女がつけました。


小さな、小さな手作りコンサート。好きなことを話し、お客様と言葉を交わしながらしながら進め、好きな曲を弾く、温かい時間。


普段のコンサートではなかなかできない親密さ、気軽さ、そして「皆様と一緒に創る」音楽の時間にしたい、思い切りいろんな作品を弾かせていただき、音楽したいと思います!


是非お越しください。ご連絡お待ちしております!

Suenaga Music Project
Tel/Fax: 04-2009-1262
Mail: officesuenaga@gmail.com

4月28日特別レッスン



お陰様で全枠お申込みいただき、現在キャンセル待ちの状態です。


ご興味いただき心より感謝申し上げます!
皆様とベヒシュタインの音色とともに音楽を追求できるのを楽しみにしています。


なお、主催元は違うのですが、レッスンのご希望の方は5月26日武蔵ホール主催の公開レッスンをお申し込みいただけますと大変嬉しく思います。


武蔵ホールもベヒシュタインですが、こちらはフルコンです。
特別レッスンとは環境も含め似て非になるもの。


ぜひ別の角度からの学びの場として受講、そして聴講にお越しください。
残り数枠となっております。


お待ちしております♪

(お申し込みなどの詳細は↓のチラシをご覧ください♪)

--

変わらない時間

少し前のことだけど、都内で小学校の仲間と久しぶりに食事をした。


10人ほどの男女のグループで気が付けばこの年齢まで付き合いが続いている。途中会えなかった人、ずっと会い続けている人、けど集まってみると関係ないね。


全てあの時のまま。


家で卒業文集なんて読んでみると、今と変わらないキャラクターが文体からもよくわかる(笑)


なにかこうしようとか、そういうのは全くなく、いつも自然に集まり、これと言って特別な話はないんだけど自然に話して、そんな自然な時間。


素敵なレストランで夜景も美しい。


時に都会は苦手だけど、こういうのはいいものですね。



♪4/16公開対談についての記事はこちら

♪5/26公開レッスンについての記事はこちら

徹底対談!

来月の4/16に日本ピアノ調律師協会とピティナの合同企画「調律師&ピアニスト徹底対談 音色の正体~聴くってどういうこと?」に登壇させていただきます。


全日本ピアノ指導者協会(PTNA)ホームページ
http://www.piano.or.jp/seminar/news/2018/03/08_24121.html


調律師の倉田尚彦さんとの対談で大変恐縮ですが、僕自身「学びを求め」様々な疑問を直球で投げかけていきたいと思います。


以前の音楽座談会でも話題になったけれど、調律師とどういう言葉を交わすのか?重要な論点の一つになります。ぜひご来場ください!

卒業式

長女の卒業式。


あっという間に過ぎた3年間。


数年前、長女の手は小さくてあったかくて柔らかくてしっとりしてたけど、今は少しカサカサして大きくて骨もしっかりして、その手から「経験と成長」を感じたり。


初登園から撮り続けていた次女との後ろ姿。


姉妹の登園がもう見れないと思うと少し寂しい。


前へ前へと力強く歩む長女の足取りに、追いつくのが大変だなぁ…と後ろから見つめ、頼もしさを感じつつも、親としての何とも言えない気持ちが入り混じり。


胸が熱い時間でした。

感謝



先日の誕生日では温かなメッセージ、コメントをありがとうございました!一つ一つ、友人とゆっくりとお茶でもしながら会話しているような気持で返信させていただきました。


気が付けばこの歳。


多くの方々との接点を持つピアニストという職業。「お陰様」でこの歳までなんとか音楽させてもらっています。明日がどうなるかわからなくなるのも音楽家の宿命。皆様に感謝し、愛する家族に感謝し、日々命を与えられていることに感謝し、健康でいる奇跡に感謝し、音楽に感謝し…。


年度末、新年度という変わり目を感じる確定申告も無事終え、子供たちの進級と大学の新学期を控え、フレッシュな気持ちとなりたいところですが、音楽をしている中ではこれと言って関係なく。日々ピアノに向かい気が狂いそうな作品とトモダチになろうと必死です。中々仲良くなれませんが(笑)そんな中、同時に行われているコンサートやレッスンで逆に皆様から元気をもらっています。泉谷しげる氏的に言えば「お客様から元気をもらうなんてだめよ、お客様に元気をあげなくちゃ」という言葉も思い出したり。いやはやお恥ずかしい…。


今年は9月14日に浜離宮朝日ホールで2ndアルバムのリリース記念リサイタルも控えており、その他にも様々なコンサート、レッスン、レクチャー等を通して各地で皆様とお会いできることを思うと、心躍りつつも身が引き締まるところです。


一度しかない人生、自分らしく思い切り新たな10年を切り開いていきたいと思います!今後とも宜しくお願いいたします!


感謝を込めて


末永匡

皆で創るって素晴らしいと思ったよ


東響とのリハーサル。


オケ中で聴いてて涙腺ゆるんでしまった。


ジャンルは関係ないなぁ…何て素晴らしいんだろう、なんでこんなメロディーやハーモニーを生み出せるんだろう、そんなことを思いながら。


音楽に感動する瞬間。


その断面の蓄積で僕の中の音楽に満ちた心のドラマがゆっくりと姿を現し形を造って膨らんでいく、そんな感覚。


音楽の素晴らしさは言葉では表現できない。


言葉を並べれば並べるほど浅いものに変化してしまう、そんな気持ちも。


ピアノソロでは林そよかさんの見事な編曲で力が湧き上がってくる。そして、作曲者の大谷幸さんはじめ各編曲者、プロデューサーが真剣なまなざしでリハーサルに耳を傾けている。指揮の柴田さんからは熱いエネルギーが伝わる。そして東京交響楽団と共に、その場にいる全員で音楽を"創って"いる。


本当になんて素晴らしいんだろう。


皆で音楽を創っている。


今日はその言葉しか思いつかない。


明日19時にぜひオーチャードにお越しください!

一日が終わる頃には頭と身体が悲鳴をあげる、そしてお客様の声に救われる

嵐のように過ぎ去っていく日々。


先日の指の負傷も注意が必要だけれど、結果ある程度は問題なし。思っていた以上に鈍痛があったので心配したけれど一瞬ホッとするのもつかの間…


毎日、脳と身体をフルに動かしピアノに向かっているのに、目的地に到着しない。どこに行っても同じ風景が広がる大草原を彷徨っている感覚。今日もまた一小節も譜読みが進みませんでした。


一小節?いや、一拍も進んでいない。


指のことも大切だけど、このくらいで泣き言なんて言ってられない。


こんなに頭に入ってこない作品は正直今までなかった。


音符の量だけではなくて、現代奏法としてピアノをフル活用するラッヘンマンの「Got Lost」。言葉は悪いかもしれないけれど今の僕には呪いの作品と言っても過言ではないです。作品名が頭に木霊する…。


もともとの譜読みの遅さもあるけれど、そういう次元じゃない。


何と言うか、種類が違うというか、別世界、異次元、と言うか。


同じ「ピアノを弾く」なんだけどなぁ。


目の前に巨大にそびえたつ岩山に杭を何日も打ち続けてるけれど、これっぽっちも刺さらない、傷さえつかない、先が見えない。


そんな中、2月のソロリサイタルで主催者様「松井クラシックのつどい」から「お客様の声」と称するご感想をお送りいただいていたのにもかかわらず、ご紹介していなかったな、と思い出し。


こちらにリンクを張るのでぜひご覧ください。


「お客様の声」松井クラシックのつどいHPより
https://matsuiclassic.jimdo.com/第307回/


このような温かい数々のお言葉に支えられ、少しずつ前に進めます。


本当にありがとうございます。


感謝の気持ちを忘れてはいけない、と改めて心に、静かに、力強く思う今です。

オーケストラってすごいなぁ


本日からスタートした「ワンダと巨像」のリハーサル。リハーサル会場はミューザ川崎、指揮は柴田真郁氏、オーケストラは東京交響楽団。


東響とは以前東京芸術劇場でベートーヴェンピアノ協奏曲第5番「皇帝」で共演させていただいた以来。再び東響とご一緒させていただけることにとても嬉しく感じていました。


そして今回は末永にとって人生で初めて!の経験となる「オケ中でのピアノ」。


これまでのオーケストラとの共演は全てピアノコンチェルトだけだったので、とにかく新鮮で胸の高鳴りを抑えつつ会場へ。


想像以上の難しさも多々あったけれど、こんな貴重な機会は滅多にありません。あらゆるアンテナを張り巡らせ最後まで必死に食らいついて勉強させていただきます!


オーケストラの方々って本当に凄い。月並みな言い方だけど本当に「凄い」と改めて思いました。


経験に勝る学びはない。皆様に心から感謝です。


今回のコンサートで末永はソリストとしてオープニングでド派手なピアノソロで皆様をお迎えします。その他に弦楽オケと協奏曲風のアンサンブルがあり、その後オーケストラの中で弾かせていただきます。


「ワンダと巨像」の作曲者である大谷幸氏はじめ各編曲者の方々も来られ、アイデアを頂戴しさらにパワーアップした感じが。


大谷さん「そこクラスターでもいいかもね」「そこの音はこれに変えようか」


こういうのを聴くと音楽が生き物のように変わっていく感じでいいですね。時に悲しく、孤独に、しかし温かく。ドラマチックでかっこいい、素晴らしい作品です。


3月9日はオーチャードにぜひお越しください!


Dear friends!


素晴らしい贈り物!


今シーズン、カイロ交響楽団と共演した各国からのソリストたちが写真と共に載っている小冊子。関係者の方が送ってくださいました!ありがとうございます!


大変恐縮ながら、末永もシーズンオープニングガラコンサートのソリストとして載せていただいております。昨年9月の興奮が昨日のことの様。




ページをめくるとマエストロはじめ、たくさんの友人たちが!


中には何度も共演している友人も。カイロ響コンサートマスターのヤーセル氏や、カタールフィルを拠点に世界的に活躍の場を広げるチェリスト、ハッサンなど。他にもオーボエやフルート、バイオリンの友人たち、さらにめくると、つい先日東京は中野で食事を共にしたニューヨークを拠点に活躍しているピアニストのシャムス氏も。


ハッサンは末永が最も数多く共演を重ねているチェリスト。バレンボイムやブーレーズからも愛されディヴァンオケでも活躍していた彼からは本当に多くを学ばせてもらいました。日本ツアーも3度。話は尽きません。


音楽家として生きていく中いろんなことがあるけれど、彼らに共通しているのはどんな音楽にも、それが音楽である以上情熱的に取り組むということ。いわゆる古典的なクラシックだけじゃない、挑戦的な現代音楽、ジャズなどの他ジャンル、国を超えた民族音楽、映画音楽、ゲーム音楽など、それがどんな種類の音楽であろうと、そう、世界の人々から求められている音楽である以上。


当たり前のように聞こえるけれど、当たり前でない現実も目にするこの世界。


音楽への情熱、音への興味、表現の追求、自己の解放、心の対話…のような「大切な心の潤い」を失ってしまった時、音楽をすることが、音楽で仕事をしていくことが「心が乾き、惰性」になった時、僕はたぶんピアノをやめるんだと思う。


少なくとも、友人たち、そして恩師たちは皆暑苦しいほど情熱的だった。その表情や目には、好奇心旺盛な子供が話す時の輝きと力強さがあった。


それが「音」である以上、なんの違いもないんだ。


音を前にした僕らはみんな裸。


僕らは何も解らない。


底の見えない音楽の世界。


音への飢え。


僕にとって多くの共感する言葉があり、刺激を得た武満徹の「音、沈黙と測りあえるほどに」をもう一度読んでみよう。


世界のどこにいようと、僕らは音と心で繋がっている。目には見えないけれど感じている。

今は亡き恩師の部屋で、自由にはばたく鳥のように。


先日おこなわれたドイツはヴッパータールから来日中のバイオリニスト加久間景子さんとリハーサル。


場所は今は亡き恩師の自宅。


先生のレッスン部屋は僕が子供の時に扉を開けた当時のまま。


この部屋では数多くの弟子たちがそれぞれの色濃い時間を積み重ねてきた。


澱というか、そのまま部屋から抜けきっていない「空気」を感じる。今、そこのソファに先生がいるんじゃないか、目をつぶると今にもレッスンが始まるんじゃないか、と。


ヴッパータール交響楽団で37年間アシスタントコンサートマスターを務められた加久間さんは僕の恩師、中島和彦先生とも深い親交がある。(ソナタの夕べと題されたコンサートシリーズを先生と続けられていた)


不思議なご縁がある加久間さんとの共演も昨年に続き2度目。


リハーサルでは「繊細な」様々な音楽的なやり取りがあるが、常に「二人の音楽を創る」意識がある。室内楽という「一つの音楽」を共に創る中にもしっかりと「個」が存在する。お互いを尊重する。演奏の中に大空のような「受け入れる」心の余白が生まれる。僕は自由に羽ばたく鳥になれる。


今は亡きドイツの恩師はレッスンで僕が弾き終えた後「必ず」聞いてきた言葉を思い出したり。


「自由な感覚を持ってるかい?」


…忘れられない一日でした。

ご推薦いただきました。そして皆様に感謝を込めて…


昨日発売のGLOW4月号で稲垣吾郎さんが、末永の1stアルバム「Intermezzo」をCDジャケットと嬉しい言葉を添えて勧めてくださっています。


とても嬉しいです!ありがとうございます!


ベートーヴェンの舞台「No.9~不滅の旋律~」でお世話になってから、ご多忙にもかかわらず末永のリサイタルに足を運んでくださったり、音楽の時間を共有させていただいていることが本当に貴重です。


このアルバム「Intermezzo(間奏曲)」はその当時の僕自身を映し出している、いわゆる「通過点」としての意味合いで楽曲を選曲しレコーディングしたものです。


ブックレットには一般的に楽曲解説が載っていますが、このCDは「音楽学者野本由紀夫氏との対談」を読み進むことによって「自然に、楽曲解説と演奏者の思い」がくみ取れるようになっています。※野本氏はNHKテレビの「名曲探偵アマデウス」や「ららら♪クラシック」でお馴染みですね。


お陰様で「Intermezzo」は大変多くの方々にお買い求めいただきました。在庫も残りわずかとなっています。インターネットでは配信されますが、その場合ブックレットは残念ながら付きません。


稲垣さんから「あの曲のこれ、この曲…とても素敵でした」と、丁寧なお言葉を頂いたのがとても嬉しかったです。


忙しいのにちゃんと聴いてくださっているんだ…と、心から嬉しく、浮き立つ足取りで帰宅したのを鮮明に覚えています。


音楽や映画、あらゆる作品を自身の心を照らし合わせ正面から対峙されている、そのような印象を受けます。


No.9を観劇されたお客様も、末永の関東や関西でのコンサートに来てくださり、CDサイン会でも温かなお言葉をかけてくださいました。本当に嬉しいです。ありがとうございます!また、どこかでご縁がありましたら気軽にお声がけください。


今年の9月14日に2ndアルバム「ベートーヴェン3大ソナタ」のリリースを記念して東京は浜離宮朝日ホールでリサイタルがあります。その時には稲垣さんがお勧めくださった残り僅かな1stアルバム「Intermezzo」と合わせて2ndアルバムが販売される予定です。サイン会もあるのでぜひ皆様お越しください!


長くなりましたが、このように稲垣さんはじめ、皆様と音楽で繋がっていくことに心からの喜びを感じています。


ベートーヴェン…やっぱりいいなぁ。


p.s.ご興味ありましたら是非!