セミナー「分析と表現」新シリーズ開始、新クラス開講!


~「徹底的に知る」がはじまる~と題した次回企画をお知らせいたします。


※詳細は最下部にある画像をご覧ください。(クリックすると拡大されます)


前回のベートーヴェンクラスシリーズ①は大きな反響を呼び、その声に応えるべくアンコールが企画されました。さらには海外からも参加者が集い、ボーダーレスな「学び場」は世界のどこにいても手に届く場所となりました。


また、本シリーズは少人数制とさせていただき、輪になって語らうような雰囲気で言葉を交わしながら進めていきたいと考えています。


ここでは「分析を単なる知識で終わらせず、演奏表現につなげる可能性を見出す」ことを目的としています。ピアニストとしての極めて実践的な感覚、作曲家としての鋭い視点、この2つの化学反応は楽譜に一つの世界を創造します。


「知ると見えてくる」「知ると聴こえてくる」


「知る」というきっかけから広がる音楽芸術の世界。決して焦らず、徹底的に楽譜と自分自身と対峙すること、知識だけでなく多くの問いかけを生むこと、全てが音楽を深めるのです。専門的なものだけに傾倒せず、様々な人達が共通して楽しく深く学べる場「分析と表現」。是非ご参加ください。(「はじめに」より)


0 件のコメント:

コメントを投稿