第19回「分析と表現」6月のスケジュール発表!



「とにかく楽譜は面白い」


加藤真一郎氏(作曲家/ピアニスト)と末永(ピアニスト)が二人で立ち上げた企画「分析と表現」。気付けば次で19回目。はじめのうちは慣れないこともあったけれど、少しずつ次に活かすように改良を重ねてきました。さすがに色々とできるようになってきますね。

分析と表現。楽譜を見るチカラを身につける時間。和声学や楽式論という一部分で見るのではなく「広い視野」「深い感情」「柔軟な思考」で楽譜からいろいろと引っ張り出します。自分の音楽を見つける時間。

《こんな人におすすめ》

・楽譜を読み解くノウハウを知りたい
・レッスンで役立てたい
・表現力を身につけたい
・じっくりと音楽と向き合いたい


さて、6月のスケジュールをお伝えします。
※詳細は画像をご確認ください。
 
ブルグミュラークラスシリーズ2
・25の練習曲~中篇~(9番から)
6/15(月)、17(水)

ベートーヴェンクラスシリーズ4
・ピアノソナタ8番"悲愴"第2,3楽章
6/22(月)、24(水)、26(金)、29(月)



この企画はコロナの終息に関係なく続けていきます。全国から(または海外から)誰もが参加できるのはオンラインの強み。


少人数でのやり取りを重視したワークショップを目指しておりますので、一定数に達しましたらお申し込みを打ち切らせていただきます。


ぜひ気軽にご参加ください。
お申し込みをお待ちしております!

0 件のコメント:

コメントを投稿